30代になって、歯が黄ばんできたな~なんて思うことはありませんか?
20代までは普通に歯を磨いていれば、大抵の人は歯が白くてキレイです。

しかし、年齢を重ねるについれて、ステインが積み重なったり、
歯の表面に小さな傷がついて歯が黄ばんで見えるようになります。

歯茎は黒ずんでくるし、何もしないと口元が本当に老けて見えてしまいます。
そうならないようにするためには、毎日使用する歯磨き粉が重要です。

雪輝麗とは?

普通の歯磨き粉でゴシゴシ磨いても、歯は決して白くはなりません。
それどころか、強く磨くと歯の表面が傷つき、余計に黄ばんで見えてしまうでしょう。

歯を白くするためには、ホワイトニング専用の歯磨き粉でブラッシングしてやる必要があります。
ホワイトニング専用歯磨き粉で最近、有名なのが雪輝麗です。

まだ発売されたばかりですが、ネット上での口コミで「歯が白くなった」とうわさの商品です。
http://雪輝麗の口コミ.xyz

普通に歯を磨くだけで白くなる?

雪輝麗の使い方は普通に歯を磨くだけです。
特別なことをする必要はありません。

唯一、注意点があるとすれば、歯が白くなるまでには2~3ヶ月かかるということ。
「雪輝麗を使ったけど、効果がなかった…」
という口コミを見てみると、どれも1ヶ月くらいしか使っていないのが分かります。

雪輝麗は毎日、歯を磨くだけで歯を白くすることが出来ますが、
その代わり、効果がでるまでにある程度の期間が必要だということです。

雪輝麗の成分

ホワイトニング歯磨き粉と聞くと、「研磨剤が入っているんですよね?」と聞く人が必ずいますが、
雪輝麗には研磨剤は入っていません。

研磨剤を使うと歯の表面が削れるため、一時的に白くはなりますが、後々必ず黄ばんできます。

雪輝麗はパパインや植物性オイルといった天然由来の成分を使ってステインを落とすため、
歯が削れるということもありませんし、身体にも優しい歯磨き粉です。

歯の黄ばみが気になる人は一度使ってみてはどうでしょうか?